レンタカーには補償制度があるので安心

レンタカーには補償制度があるため、自家用車を保有しておらず、保険に加入していない人も安心して利用できます。この制度は基本料金の中に含まれているので、追加で費用負担をしなくても適用されます。人身に対する給付額は上限が3000万円なので状況によっては不足することもあり、自分でも保険に加入していた方が安心感はありますが、対人や対物・車両は無制限なので十分に対応できるのが特徴です。
対物・車両はそれぞれ免責額で5万円がかかり、ノンオペレーションチャージも必要になるケースがありますが、これもオプションの制度があるため、不要とすることもできます。何も問題がなければ必要ない出費ですが、オプションの料金も安いので万一に備えて利用することを検討しても良いでしょう。

どのような制度になっているのか

レンタカーでは対人・人身、対物・車両の補償があるので、利用する際に別途保険に加入する必要がありません。何かトラブルになった際には専用のダイヤルに連絡しますが、相手がいる場合には急かされてもその場で示談すると保険金が支払われなくなってしまうので注意しましょう。
また、負傷者がいれば人命を最優先にして救急車の手配を行い、安全を確保するために車を移動します。支払いには証明書も必要になるため、警察にも届出を出します。全ての対応が終わってから、出発した店舗に連絡すれば良いです。なお、全てのトラブルに適用されるものではなく、保険特約の免責事項に該当している場合は対象外になってしまうので必ず特約の内容を確認し、それに反する利用をしないように注意する必要があります。

免責のオプションを付けた方が良いのか

利用する会社によってシステムに違いがありますが、保険が適用される場合でも免責額やノンオペレーションチャージが発生するケースがあります。全てを合計しても15万円なので払えないほど高額なわけではありません。しかし、オプションを利用すれば免責だけであれば1000円程度、ノンオペレーションチャージも含める場合でも少し上乗せするだけで不要になります。保険金の支払いには影響しないので必須のものではなく、費用を抑えたい場合には付けなくても良いですが、高くはないため付けていた方が安心です。
なお、このオプションに関しても通常のレンタカーの補償と同様に適用対象外になる利用方法があるので注意が必要です。通常の運転をしていれば問題ないものですが、確認しておくと良いでしょう。

ピックアップ記事

法人の引っ越しは低予算でできるレンタカーを利用

レンタカーの使い方は使う人によってさまざまです。恋人とのデートに格好いい車を借りたいという若者もいれば、行楽に行く予定だったマイカーが故障して代車が必要になったというお父さんもいるかもしれません。また...

長期間でもお得にレンタカーを利用しよう!

レンタカーと聞くと、1日や2日単位で利用するものというイメージを持っている方も多くいるかもしれません。ですが1日や2日の短期間のみ借りるのではなく、1週間や1ヶ月など長期間利用したいと考えている方も多...

レンタカーを利用する際、人気車種は早めの予約を

地方に旅行する際には、現地での移動手段としてレンタカーを利用すると行動範囲がぐんと広がり、旅行もより一層充実したものとなります。費用的にも複数で旅行するような場合は、公共の交通機関を利用するよりも安上...

レンタカーには補償制度があるので安心

レンタカーには補償制度があるため、自家用車を保有しておらず、保険に加入していない人も安心して利用できます。この制度は基本料金の中に含まれているので、追加で費用負担をしなくても適用されます。人身に対する...


コンテンツ

カテゴリー